スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『Be Kagoshima 2009 BLACK』で呑酔

11-16,2010

BeKagoshima09BLACK

Be Kagoshima 2009 BLACK 製造元/本坊酒造(株)
[銘柄]宝納酒会「焼酎プロジェクトX」協力者の皆様により、
     原料栽培・醸造作業の一部始終に参加者の手が加えられ、
     いつまでも美しき郷土であるように「鹿児島であれ」との
     願いと夢が込められた銘柄........黒麹仕込みヴァージョン。

  本格焼酎“Be Kagoshima”には 焼酎プロジェクトXに参加した方々
  (称号 呑貴宝手)の夢が詰まっています。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
ようやく当地において、桜島年号焼酎一升瓶を発見した“蔵。”です。

ちと嬉しくて、「買っちゃおうかな・・」とも思ったのですが、
某人物へ代理購入を依頼済みなもんで、グッと我慢いたしました。
本坊酒造関係各位様ドォ~ムすんまっしぇん!

そんなこんなで、今回もビーカゴ.....その黒麹ヴァージョンでございます。
2009年度焼プロへ参加できなかった寂しさを、本品を飲んで埋めたいと思います。
ハイ!(笑)



香: 太く、甘味をまとった香りが、力強く立ち上ってきます。
生: 強い甘味と太いコク、ジワジワ押し寄せる力強さを感じさせる味わい。
氷: スッキリした口当たりの中に豊かな甘味とコクを感じる。後味はビター。
水: どっしりとしたコク、甘酸っぱさが広がり、スマートな飲み心地。
湯: ほっくりした芋香、深いコク、豊かな甘味、スマートな辛味でのキレ。


例年「黒麹」の方は、癖を抑えた都会的な味わいだと感じる事が多いのですが、
今年もそんな味わいを踏まえた上で、芋らしい香味が増している酔うに感じました。

オススメの飲み方といたしましては、芋らしい香味が花開くお湯割りが一押しです。
冷系もコクと甘味が活きて、ソレはソレで充分愉しめることかとは思いますが、
芋らしい香味が身を縮めてしまう酔うに感じられますので、
お湯割りの方が愉しみが増えるのではないかと、ソレ原理主義者的に書いたところで、
本年度のビーカゴ的更新を白黒好みを付けずに〆たいと思います。
ハイ!(笑)


じゃ、またっ!

COMMENT

呑貴宝手ドォームです。
11月23日、仕込み作業ですお待ち申し上げます。
2010/11/16(火) 06:38:16 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
桜島年号,よいなこっ購入、どぉ~むです。
確か12月1日・2日の両日が蒸留日です。
私は行けませんので、是非とも代わりに…。(笑)
2010/11/16(火) 06:53:06 |URL|まさぞー #FDDq9IZE [EDIT]
  仕込み作業体験会ドォ~ムです。
  数年前、当地から数名で伺った際は
  大変御世話になりました。(感謝)
  また、その他の訪薩時にも
  いつも御一緒いただきありがとうございます。
  多分、来年も行くんじゃないかと思いつつ
  私から本年の挨拶と代えさせていただきます。
  ハイ!(笑)
2010/11/16(火) 22:51:00 |URL|蔵。 #- [EDIT]
 ビーカゴ蒸留日ドォ~ムです。
 ワザと間違って出水で乗り換え
 高尾野で下車してもヨカですか?
 降り立った先でおネェさんと
 蔵見学デートしてもヨカでしょうか?
 ハイ!(笑)
2010/11/16(火) 22:54:41 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。