スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『旬』で呑酔

01-15,2011

さつま寿旬

さつま寿 旬 (株)尾込商店
[蔵元]1939年創業。薩摩半島南部、周囲を山に囲まれた「水の里」
     川辺町に在り、黒瀬杜氏によって昔ながらの製法を守り、
     杜氏が引退した現在、三代目にあたる現社長 尾込宜希氏が
     蔵を引き継ぎ、自ら焼酎造りに勤しむ蔵元。
[銘柄]頴娃町の農家で契約栽培している黄金千貫を原料芋に用い、
     麹には白麹.....“清水の湧水”を使って仕込まれた『さつま寿』の新酒。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
ちとふせって、半月振りの更新となってしまった“蔵。”です。

焼酎ブームの落ち着きで、当地でも『さつま寿』は買い易くなったんですが、
流石に季節モノの『旬』や『桜』となると、コレまた話は別でございまして、
当地で買うとなれば、なかなか難しいんじゃないかと思います。

って事で、元来超物臭な私はコネを作ることもなく、探すこともなく、
アンテナを畳んでおりましたら、当地よりちと北の超高層アンテナ氏より、
初荷電波滴に「まぁ~飲め!」と送られてきましたので、
ありがたくオコボレに与らせて頂きたいと思います。(感謝)




香: 若干アルコール臭をまといながらも、『寿』らしいコッテリした香り。
生: 甘味と共に新酒らしいガス臭が鼻に抜け、辛味が利いた味わい。
氷: 甘味を感じ易くなるが、苦味が立ち、香りも悪い方へ変わってしまう。
水: 口当たりが良く、コクと穏やかな甘味を感じ、ガス臭が追い掛けてくる。
湯: ガス臭が香ばしさを呼び、豊かなコクと甘味、程好い辛味でキレ、旨し!


友達内では、あまり評判の芳しくなかった今年の『旬』ですが、
私は今まで飲んだ中で、一番好みの味わいでした。
....................とは言え、去年の『旬』の味すら忘れてますが・・・(笑)

なんつって、御馬鹿加減をさらした私が言うのもなんですが、
あまり強過ぎない、新酒らしいガス臭が個人滴には好印象で、
オススメの飲み方といたしましては、冷やすと嫌な香味になっちゃうんで、
ココは一つ、無難に温めて愉しんでいただけたら幸いかと感じましたところで、
本日の超高層アンテナ的更新をロッカーズに脅えながら〆たいと思います。
ハイ!


じゃ、またっ!

COMMENT

私も今年の旬、結構好きでしたよ~。
バカ舌な私は、味わいながら呑んでいないから、あてになりませんけどね~。(苦笑)
2011/01/15(土) 07:08:07 |URL|まさぞー #J7S1TTU6 [EDIT]
おいドンは去年までのほんわり感が好きでした。

新酒って感じで飲めば悪くはないのですが。

2011/01/15(土) 10:02:22 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
アンテナ、酔人さぁーでモフッ!!
という事で、チョット遅めの旬で
失敬しました・・・
他の弐品もヨロシクね・・・逃
2011/01/15(土) 16:50:32 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
  結構好きドォ~ムです。
  私もこうやってウダウダ書く時以外は
  結構感覚的に飲んじゃってますんで
  あんまし記憶にのこってましぇんです。
  ハイ!(笑)
2011/01/17(月) 00:00:37 |URL|蔵。 #- [EDIT]
  ほんわり感ドォ~ムです。
  新酒って感じで飲んでしまったので
  ソレっぽくてヨカ感じでごわした。(笑)
  ソレはソレとして・・・
  「ほんわり感」を漢字変換したら
  「本割り勘」と変換されてしまい
  「マジ、割り勘にする気だな・・・」なんておののき
  出来ればオゴッて欲しいと思った私っていったい?
  ハイ!(汗)
2011/01/17(月) 00:05:30 |URL|蔵。 #- [EDIT]
  他の弐品もドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
  次の更新予定は
  SPACE BATTLESHIP ヤマト の主人公滴
  進くんでもヨカでしょうか?
  ハイ!(笑)
2011/01/17(月) 00:10:40 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。