スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『蔵の師魂』で呑酔

02-18,2011

蔵の師魂

蔵の師魂 小正醸造(株)
[蔵元]1883年創業。薩摩半島のほぼ中心、日本三大砂丘として有名な吹上浜に隣接する
     “砂丘の町”日吉町日置に在り、「喜びを共に創る」という経営理念のもと、
     「旨い芋焼酎づくり」のために日夜汗を流し、こだわりの焼酎造りを行っている蔵元。
[銘柄]原料米/南薩摩産コシヒカリ、原料芋/金峰町産コガネセンガン(生産者 東馬場伸)、
     仕込水/日吉町熊野神社「権現さぁの井戸」から湧き出る天然地下水、麹菌/黒麹菌、
     もろみ/貯蔵にふさわしいコシ、コクのある原酒を得るための充分に熟成したもろみ、
     蒸留/末垂を思い切ってカットした常圧蒸留、貯蔵/素焼きの「かめ壺」にて貯蔵。


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
また×3頂き物シリーズを更新酎の“蔵。”です。

ずぅ~~~~~っと、再飲(ネタに)したかった銘柄だったんですが、
2,500円くらいしちゃうんで、ついつい買っちゃうのを後回しにしていたら、
随分と時間が経っちゃいました。(汗)

そんな、いつまで経ってもネタにしない私に、
「コレも、Blogのネタにしてないやろッ........ネタに使えーーッ!!」滴に、
南の好感度アンテナ氏が送ってくださる訳で、毎度助かっております。(感謝)

では、ありがたく味わわせていただきますネ!



香: 甕貯蔵(仕込み)の土を想わせる香りが、甘味をまとって静かに立ち上ります。
生: 大人しい口当たりで、程好いコクと甘味、クンッと香味が迫って、辛味でキレます。
氷: 香味が浮き立ち、深みのある甘味、軽い酸味の後、辛味での潔いキレ。
水: 艶やかな香味、深みのある甘味、スマートな飲み心地で、酸味での締りが好い。
湯: 程好い芋香、控え目ながら深みのある甘味、好い塩梅の辛味でキレ、酸で締まる。


いやはや、すっかり御味を忘れてしまっておりました。(苦笑)
実は、また芋焼酎を飲みだす酔うになってから程無い頃、実弟のアドバイスで
本品を飲んでから、しばらくの間、一番好きな銘柄だったんですよねぇ~ (*  ̄_) トオイメ

なんつって、どっぷり昔に浸っても仕方ありませんので、本品の特徴を・・・
と言っても、どこも出過ぎないよう、巧くまとめられた感じを受けますので、
コレと言うのは難しいんですが、あえて挙げるなら、深みのある甘味でしょうか。
単に甘い訳ではなく、甘味の中に多くの味わいを含んでいるように感じました。

オススメの飲み方は、お好きな飲み方で充分愉しめるかと思いますが、
水割りかお湯割りが、芋の香りを存分に愉しめるんじゃないかと感じましたので、
ソレラを控え目にオススメしましたところで、想い出とは美化されて
心に残っているものだ滴更新を、それでも想い出は大切滴に〆たいと思います。
ハイ!(笑)


じゃ、またっ!

COMMENT

歯根ドォームです。
おいどんはこの甘さが駄目でした。
2011/02/18(金) 08:40:44 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
 甘さドォ~ムです。
 もっと甘く感じる銘柄も多くありますが
 どちらかと言えば私も甘系は苦手っす。
 ハイ!(辛党)
2011/02/18(金) 23:11:34 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。