スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎 『宮ヶ浜』で呑酔

04-21,2011

宮ヶ浜

宮ヶ浜 (有)大山甚七商店
[蔵元]1875年創業。平均気温19℃という、とても温暖な気候の
     鹿児島県指宿市の錦江湾と桜島を望む海岸沿いに在り、
     明治時代から 代々受け継がれたかめ壷を使用し、
     五代目当主が五感を大切に、丁寧に焼酎造りを続けられている蔵元。
[銘柄]南薩摩の錦江湾と桜島を望む海岸沿いにある「宮ヶ浜」は、
     明治の頃から焼酎造りを続けている大山甚七商店のふるさとです。
     そこで造られる薩摩芋焼酎「宮ヶ浜」は、代々受け継がれてきた技と和甕、
     そして焼酎の原点である黒麹と新鮮で良質な南薩摩産さつま芋で
     丁寧に仕込みました。             ~ 裏ラベルより一部抜粋 ~


どちらさまも御機嫌如何でしょうか?
「宮ヶ浜に」反応して、即購入してしまった“蔵。”です。

コチラの蔵元さんの味わいとは相性が良いんですよネェ。
凄く気になる蔵元さんなので、昨年6月下旬の方薩時にも、
指宿方面へお邪魔しようかと考えておりましたが、
生憎時間的に都合が付かず、突撃する事が出来ませんでした。(涙)

いつの日か必ず........と、固く誓いながら、本品を味わってみます。
ハイ!(笑)



香/ 甘酸っぱいこってりとした香りが立ち上ってきます。
生/ 甘味と甕仕込みを想わせる香味、程好いコク、辛味でのキレ。
氷/ 甘味が立ち、複雑な香味、渋味を覗かせながら辛味でキレる。
水/ 甘味を帯びた酸味が立ち、後味に渋味を覗かせるもスッキリ味わえる。
湯/ 程好い甘味とコク、複雑な香味に辛味の利いたキレ、酸味の利いた締り。


う~ん..........オーソドックスと言えば聞こえは良いが、面白味に欠けるかなぁ・・・(汗)

大山甚七商店さんの『薩摩の誉』を想わせる酸味も、それとなしに利いてはいるんですが、
特徴とまではいかず、ソレと言えるのは、甕仕込みを想わせる複雑な香味でしょうか・・・
とは言え、この甕仕込みに起因する複雑な香味って、文字化し難いんですよネェ~~
まぁ、ソレは単に、私のボキャブラリー不足という事で、どうか平に御容赦ください。(汗)

オススメの愉しみ方といたしましては、渋味が気になる冷系はドウだろうと思いますので、
アルコールに強い方はストレートで、そうでない方は無難にお湯割りで・・・・・
と、中途半端にオススメいたしましたところで、本日の更新をブミョウに〆たいと思います。


じゃ、またっ!

COMMENT

誉ドォームです。
甕壷仕込み香、微妙ですね。
寝かせると優しくなるのが好き嫌いが分かれるところですね。
おいどんはどちらかと言えばやさしい方が好みでごわす。
2011/04/21(木) 06:36:02 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
指宿、酔人さあぁーでモフッ!!
という事で、指宿といえばヨーロー伝説ば
思い出してしまった事を
ご報告申し上げ候・・・久々
2011/04/21(木) 19:27:13 |URL|鵜。 #99KK0I8U [EDIT]
  やさしい方ドォ~ムです。
  自分の好みがドチラなのか
  自分でもよく分かりませんが
  当地よりちょい北に御住まいの御方なら
  手厳しい方がお好きなんじゃないかと・・・
  ハイ!(曲者)
2011/04/21(木) 23:08:23 |URL|蔵。 #- [EDIT]
  伝説ドォ~ム酔人さあぁーでもすッ!!
  時間的に余裕があったらヨーローの蔵元さんや
  八っちゃんの蔵元さんなども含めて
  お邪魔してみたかったんですが、今度一緒にドォ?
  ソレはソレとして・・・
  久々に早漏って言うなぁーーッ!!
  ハイ!(涙)
2011/04/21(木) 23:11:57 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。