スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琉球泡盛 『八重泉』で呑酔

08-20,2011

八重泉

八重泉 (有)八重泉酒造
[蔵元]1955年創業。八重山諸島の石垣島に在り、「よい酒はよい環境から生まれる」
     という考えのもとに、1991年石垣市街地から島々を見渡せる小高い丘に移転。
     徹底した美味追求のため、近代的な機械を積極的に導入し、コンピューターによる
     品質管理を行う一方で、八重山に残る伝統的な直火式地釜蒸留にこだわるなど、
     それぞれの製法を活かす酒造りを心掛けておられる蔵元。
[銘柄]水神様の霊地として名高い於茂登岳中腹から湧き出るナンガーラの天然水だけで
     仕込み、昔ながらの直火式地釜で蒸留する製法により醸された銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
今夏五銘柄目の琉球泡盛をぉネタに更新する“蔵。”です。

だって、ほらぁ~・・・ ナツくて暑いじゃないですか・・・
仕事から帰ったら、前割りして冷蔵庫で冷やしておいた泡盛を
キュッと一杯ひっかける訳ですよ..........コレがモォ楽しみでネ!

そんなOSSAN 丸出しで愉しんでいる本品ですが、
なんと、アノ、宮古島で秘密裏に特殊工作に勤しんでおられると噂の
コードネーム“J”様(仮名(爆))ご推薦の逸品という事で、
「こりゃぁ~モォ飲まないかんじぇ(J)!」と買いに走りました。

買いに走ったからには、そらぁ~モォ、とっとと飲むじぇッ!!
ハイ!(笑)




香/ ツンッと若干の刺激があるものの、穀物香に甘味が絡んで立ち上ってくる。
生/ 口当たりが良く、豊かなコクと甘味、ピリッとした辛味が効いている。
氷/ 甘味と穀物香が浮き立ち、程好いコクと効果的な酸味で締りが良い。
水/ キレイな口当たりと豊かな甘味、確かなコクと酸味での完結性が良い。


ちと調べたところ、蒸留方法は「常圧と減圧の混和」となっているので、
減圧蒸留された原酒を加え、口当たりを良くする酔う整えているんでしょうね。(多分)

そういった意味でも本品の特徴は、オーソドックスな味わいながらも
口当たりが良く、スマートに愉しめるところではないかと感じました。

オススメの愉しみ方は、香味・甘味・酸味を力強く感じられるロックもヨカですが、
それらの部分が穏やかに感じられてバランスの好さを感じる水割りをオススメし、
今夏の琉球泡盛更新を「また来夏、お会いしましょう!」滴に〆たいと思います。
ハイ!(夏)


じゃ、またっ!

COMMENT

夏盛ドームです。
またの特集楽しみに待ってます。
2011/08/21(日) 09:08:40 |URL|J #3/2tU3w2 [EDIT]
  またの特集ドォ~ムです。
  そのくらいの時期には
  当地で一緒に飲んでるかも・・・
  天神にて待つッ!!
  ハイ!(笑)
2011/08/21(日) 20:51:47 |URL|蔵。 #- [EDIT]
水神様ドォームです。
泡盛にチャレンジしようと思いつつ全く実践できていないおいどんでした。
2011/08/22(月) 07:53:40 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
  実践出来ずドォ~ムです。
  酔うは、「泡盛を送れ!」って事ですネ!
  先ずは手厳しいソレ滴(指)でヨカですか?
  ハイ!(イヒヒッ)
2011/08/22(月) 20:46:39 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。