スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩焼酎 『玉露』で呑酔

08-29,2011

玉露

玉露 (有)中村酒造場
[蔵元]1888年創業。薩摩半島と大隅半島の付け根に位置する
     国分市に在り、創業以来「麹屋」で「麹蓋」にて麹を造る
     純手作り焼酎の手法をかたくなに守り続け、
     伝承の大甕でゆっくり時間を掛けて仕込む蔵元。
[銘柄]緑茶の高級品でもある「玉露」にちなみ、焼酎の最高峰を目指して
     銘々され、原料芋には黄金千貫、霧島連山の伏流水を使い、
     白麹にて醸された銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
朝晩いくぶん過ごし易くなり助かっている“蔵。”です。

コレからは、一雨ごとにお湯割りがしっくりくる秋へ、
季節は移ろってゆくのでしょうネ..........って、最近の一雨って、
超手厳しくないですか? どっかんドッカン雷は鳴るわ、
ぽつぽつ降り出したかと思えば、程無くゴォォォォッとダダ降り・・・

もぉ怖ろしいんで、とっとと飲むに限りますネ!
ハイ!(笑)




香/ よく練られたような強く甘い香りが静かに立ち上ります。
生/ 滑らかな口当たり、上品な甘味とどこかフルーティな香味、上品な味わい。
氷/ 穏やかな口当たり、深い甘味と合いまった複雑な香味、程好い酸味で締まる。
水/ 複雑な香味と深い甘味、程好いコクと若干の渋味、酸味でクッと締まる。
湯/ 程好いコクと複雑な香味と合いまった甘味、軽い辛味のキレと酸味での締り。


実に穏やかで、上品な味わい。
そんなところも本品の特徴ではあると思いますが、もっと印象深い味わいは、
表裏一体となって感じられる甘味と香味・・・・・
この複雑な味わいをドォ表現すれば良いのか、この味わいに触れるたび、
毎度困り果ててしまうボキャブラリ不足の私を心優しく赦してやってください。

オススメの愉しみ方は、どの酔うな飲み方でも充分愉しめるかとは思いますが、
その中でも、全部の味わいがふんわり花開くお湯割りが一番好いかもなぁ・・・
と、若干控え気味にオススメしたところで、「この複雑な甘味と香味を
ドォ表現すべき? 誰か教えてッ!!」滴更新を救いを求めつつ〆たいと思います。
ハイ!(Help me!


じゃ、またっ!

COMMENT

魔焼酎ドォームです。
やはりここはひとつお得意の高濃度で!
2011/08/30(火) 06:27:21 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
魚黒、酔人さぁーでもした・・・
という事で、表現し辛い酔うでしたら
なかむら穣なんてのを
発射いたしやしょうか???
2011/08/30(火) 14:35:44 |URL|鵜。 #- [EDIT]
  お得意のドォ~ムです。
  高濃度は苦手だって言ってるじゃないかぁ!
  超高濃度はもっと苦手だって言ってるじゃないかぁーーッ!!
  ハイ!(涙)
2011/08/30(火) 20:59:02 |URL|蔵。 #- [EDIT]
  穣ドォ~ム酔人さぁーでもすッ!!
  どちらかと言うと・・・「嬢」の方が好き♪
  勿論そちらの方には発射もします。
  ハイ!(爆)
2011/08/30(火) 21:02:00 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。