スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩焼酎 『小松帯刀』で呑酔

09-04,2011

小松帯刀

小松帯刀(コマツタテワキ) 吹上酒造(株)
[蔵元]1896年創業。古くから南薩摩の経済・文化の中心地として
     栄えてきた南さつま市加世田にある蔵元。
[銘柄]黄金千貫を特に厳選して丁寧に原料処理を行い、麹は昔ながらの
     黒麹を使用、低温発酵でもろみを造り常圧蒸留で蒸留された銘柄。


どちらさまもご機嫌如何でしょうか?
最近“小松帯刀”の本を読んだ“蔵。”です。

誰をも恐れず、誰にもおもねることなく、大変革の道筋を作った男“小松帯刀”。
どの酔うな事を成された方なのかは、吹上酒造のHP内にございますので、
興味のある方は、そちらの方を覗いていただくとして、私はとっとと飲みますyo!!
ハイ!(笑)




香/ 甘味をまとった程好い芋香がスーッと立ち上ってきます。
生/ 深い甘味、程好いコクと芋香、チリッとした辛味でキレ、穏やかな余韻。
氷/ 豊かな甘味と軽やかな芋香、酸味が効いてスマートな飲み心地を演出。
水/ 淡く酸味を帯びた甘味で、コレまた酸味の良い演出で軽快な飲み心地。
湯/ 厚いコクと深い甘味、程好い芋香と軽い辛味でのキレ、やわらかな味わい。


吹上酒造の銘柄を飲みますと、ドォしても最寄のラーメン屋を思い出す・・・
なんせ、『吹上』が一杯200円で飲めるんですから!(安&嬉)
そして、同店の清酒は、もちろん『大関』っす。(未飲の為、一杯の値段は不明)

ソレはソレとして・・・ 本品の特徴ですが、穏やかな飲み心地でしょうか。
コク、甘味、香味(芋香)、辛味、酸味、渋味・・・どこか突出している訳でもなく、
嫌味のないバランスでまとまっている酔うに感じます。

そんな味わいですので、オススメの愉しみ方も、どの酔うな飲み方をしても
ソツなくこなし、嫌なところが顔を覗かせる事もありませんでした。
それぞれお好みの愉しみ方、季節に充分対応出来る銘柄かと思いましたところで、
本日の更新を「流石、小松の親分さん」滴に敬意を払いつつ〆させていただきます。
ハイ!(小松違い)


じゃ、またっ!

COMMENT

嫌味のないバランスドォームです。
未だに未飲であります。
2011/09/05(月) 09:14:35 |URL|平均的日本人。 #GMt6E/5M [EDIT]
  未淫ドォ~ムです。
  ハイ、私もプロ相手は未だに・・・
  素人専門です。
  ハイ!(爆)
2011/09/05(月) 22:49:36 |URL|蔵。 #- [EDIT]
これ美味しいです。
2011/09/08(木) 06:48:21 |URL|指宿 #msiO7zDo [EDIT]
  初コメドォ~ムありがとうございます。
  最近、「焼酎4:6お湯」で飲んでおりますが
  口当たりとお味がキレイに整う感じがして
  「なんてお得な銘柄なんだ!」と嬉しい限りです。
  ハイ!v-222
2011/09/08(木) 20:50:43 |URL|蔵。 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。